コンテンツへスキップ
広告

ディラックの海で価値が上がったサポート系武器やキャラの紹介、ぜひ使ってみてほしいサポーター達

記事作成バージョン:Ver2.9~3.0

ちょっと時間がきつくて長い記事を書くのがしんどくなってきたので雑記感覚で軽い記事をちょこちょこ書いて行こうかなと思います。主に豆知識的なものですかね。

今回の内容は主に深淵と比較して、ディラックの環境下でより輝きを見せるサポート武器やキャラを紹介します。


ディラックの海と深淵の主な違い

両方とも対複数戦をメインとしたエンドコンテンツではあるんですが、サポーターの採用における違いを軽くまとめると

  1. 深淵は敵の数がディラックより多くブラックホール役が必須なのに対してディラックはブラックホールなしでもそこまで困らないことが多く、代わりに別のサポーターを入れることができる
  2. ディラックでは一戦毎に初期EPが90で固定されるため武器スキルを初っ端からぶっぱなしたり必殺技を積極的に使う立ち回りができる
  3. ディラックではボスを強化状態のまま倒すことで雑魚を無視してそのまま進めるため、低層(1~3)のボス戦をクリアできる構成が重宝される

 

ディラックで輝きを増した武器&キャラ3選

 

聖女

104 #067150.png

崩壊3rd公認の最強ヒーラー。回復、時空断裂、攻撃速度アップ(SS以上)を兼ねた強力な必殺技のみならず、待機中の高倍率脆弱付与、ワンパンで死ぬキャラの救命(SSSの以上)など、サポーターとしては最高クラスの性能を備えている。

今まで深淵ではブラックホール枠にサポーターとしての枠を取られがちで、かつ長期戦になりがちな深淵での戦闘にはEPが不足しがちで性能を発揮しづらかったため使いづらさは否めなかったかなという感じです。

ディラックにおいては敵の数が少ないため待機中の単体脆弱付与が輝きやすく、かつ初期EP90が固定で入るため必殺技を最初から随時打てる状態で待機させることができ、さらにはミョルニル装備による脆弱付与も可能であるためディラックではトップクラスのサポーターとなっている。

神恩なしでは登れない深淵とは違い、ディラックではミョルニル+聖女で神恩の役割をこなすことができるため、ディラックでは神恩よりも聖女を好む人が多い。

 

ミョルニル

Weapon_Pistol_K5_12_5.png

ディラックでは聖女とセットで使うことが多い。

神恩の実装後深淵ではミョルニルの居場所が神恩に奪われ続けていて、なおかつ月光の武器としてはドーナツを好む人が多かったためかなり使用率が低迷していたのですが、ディラックでは神恩が必須ではなくなり逆に聖女の使用率が高まったことからミョルニルの使用率も高まっている。
やはり武器スキルの脆弱付与が非常に優秀で、その倍率も80%と神恩の必殺技並みであり非常に強力。さらに言うとミョルニルの脆弱は神恩の脆弱と違い時空減速により延長が可能であるため、持続時間が短い問題も最近では解決されつつある(律者の極限回避などにより)。

 

迅羽

601 #067258.png

ディラックが出るまではかなりとマイナーで使用率が少なかったサポーター。一番の目玉は必殺技のかめ◯め波によるシールド破壊補助バフで、必殺技によりディラックの多くのボスのシールドを1~2週で割り切ることが可能。

やはり物理アタッカーにとって敵のシールド破壊有無は火力が大きく変わって来るため、シールド破壊補助バフは非常にありがたいです。主にメインアタッカーが律者キアナの場合のお話になるんですが、パーティー回転の2~3週で必殺技のEPが貯まるのでシールド破壊後に合わせやすいのもポイント。


 

ディラックは難易度が高く上級者向けなコンテンツにはなるのですが、勝てないという人はこれらキャラや武器を使ってみてはいかがでしょうか、という紹介記事でした。

 


 

カテゴリー

雑記

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。